2018年5月20日日曜日

春を迎えたグダリ沼

寒い日が続いていましたが
今朝はようやくきれいな青空が広がっていました
午前中、久しぶりにグダリ沼へと出掛けてきました
        冷えた昨夜は高い山では雪になったらしく
山の上は、白く化粧していました
春を迎えたグダリ沼
緑に包まれて
上流の湧き出し口からは
湧き水が勢いよく流れ出しています
ちゃぷちゃぷと音を立てて流れる湧き水
青空を映す水面がきれいです
しばし山を眺めて店へと戻りました

何年、何十年と変わらず
水を湧き出し続けるグダリ沼
その穏やかな風景に、訪れる人が多い場所です
僕自身、また今年も秋まで
何度も足を運ぼうと思っています
 
 

2018年5月19日土曜日

新緑の森に雨

つい数日前は
山でも半袖で過ごせるような陽気だったのに
昨日今日と箒場の辺りは
ヤマセの風にのって冷たい雨が降り続いていました
店の外の気温は5℃程と、季節が逆戻りしたようです
新緑の森に雨
降り続く雨に、森には水たまりが
しっとりと濡れたブナの木肌
雨の日ほど緑が鮮やかです
若葉から落ちる冷たい雨の滴の音が
森全体にしていました

「こったに寒くて(先日まで鳴いていた)春蝉どうしてるべ?」
そんなことを考えながら
少しの時間、裏の森を歩いてきました

2018年5月17日木曜日

木漏れ日を浴びて

今日の八甲田はおおむね曇りや霧だったようですが
箒場のあたりは時折陽が射す、穏やかな一日でした
木漏れ日が落ちる森を歩くと
木陰にひっそりとシラネアオイが咲いていました
時折吹く強い風に揺れて
大きなブナの木の下で咲くオオバキスミレ
鮮やかな黄色が林床に目立ちます
暖かな陽射しに森の中では
もうエゾハルゼミが鳴き出しました

森に降り注ぐ木漏れ日を浴びて
いろんな生命が息づいています


2018年5月16日水曜日

ムラサキヤシオツツジ

箒場で過ごすようになってここ数日
店へと向かう道すがらに
鮮やかな色合いの花が目につきます
僕が大好きな花、ムラサキヤシオツツジです
店からチャリンコに乗ってその花を観に出掛けてきました
今日は山も暑い一日でした
雪解け水が集まる井戸沢も
ゴーゴーと音を立てて水が流れています
その川のたもとの新緑の森で
ムラサキヤシオツツジは咲いていました
鮮やかな紅紫色の花
木漏れ日を浴びて気持ち良さそうな花
その鮮烈な色合いは
新緑の森でひと際目立っています
雛岳登山道沿いにもあるムラサキヤシオツツジ
今度は雛岳に観に行こうかな

暑い一日を過ごした夕方
「もしや」と思って店の裏の森を歩いてみると
やっぱりありました
エゾハルゼミの抜け殻です
そんな季節になっていたんですね
明日からは雨予報になっていますが
天気が上がれば
新緑の森で一斉に鳴き出すことでしょう
 

2018年5月15日火曜日

田代湿原開放

例年よりも雪解けが少し早いこの春
田代湿原へと向かう遊歩道と
湿原の木道の雪が消えた事により
今日、田代湿原が一般開放されました
湿原へと向かう遊歩道から赤倉岳を望む
「ついこの前、あそこ滑ったんだよなぁ」
足を止め、新緑越しに山を見る
その遊歩道で咲くエンレイソウ
そして田代湿原へ
ショウジョウバカマや
チングルマがもう花を咲かせていました
静寂の中、ウグイスが鳴いていました
こちらは高原に咲くズミの花
真っ白な花が新緑に映えます
 
今年も多くの人が訪れるであろう田代湿原は
山上の湿原より一足早く花などを楽しむことができます
今はまだ
雪解け水で水をたっぷりと湛えた池塘など
湿原の木道は水に浸っている箇所もあります
ご利用の際は
足元に十分お気を付け下さい

2018年5月14日月曜日

箒場にて

昨日でガイドの仕事を終えた僕は
今日から箒場で過ごしています
あっちこっち見て歩きたいところばかりですが
まずは新緑を楽しんできました
緑が雛岳を駆け上がる
午前中は雲に覆われていた山も
午後には青空が広がって
山裾はすっかり芽吹きました
高原で咲くミネザクラ
森を歩いていつものブナの木へ
きれいな森です
林床でひっそりと咲くスミレ
生い茂る若葉で
木陰ができるようになった箒場の森です

半年ガイドの仕事をし
半年箒場で過ごす
僕の何年ものスタイルです
秋、葉が落ちて店を閉めるようになる頃まで
毎日ここで過ごします

2018年5月13日日曜日

来シーズンにまた

12月の初旬から始まった僕のガイドの仕事は
今日で今シーズン終了となります
朝、小雨が降って少しばかり心配はしましたが
「えい!」と、みんなで山に出掛けてきました
大岳に登りながら見た井戸岳
ずいぶんと雪も消えました
大岳の斜面を楽しみ
仙人岱へ
これから向かう硫黄岳と南八甲田を望む
最終日はテレマークで山へ
硫黄岳の斜面を先頭で滑って行くSyouhei
いい雪でした
雪解けが進む麓へと
雪を辿りながら滑り降りたのでした
この冬世話になった信頼できる僕の用具たち
僕と同じく、今日が滑り納めのお客さんも多く
山荘に戻ってからは
みんな、シーズンの後片付けをしていたようです
         雛岳にて    photo by Shibaちゃん
今シーズン僕と一緒に滑ってくれたみなさん
本当にありがとうございました
来シーズンもみなさんと滑るのが今から楽しみです
僕は明日からは箒場で過ごします
お近くにお越しの際には是非、お立ち寄り下さい
お待ちしてます