2016年8月23日火曜日

処 暑 

今日は二十四節気の処暑
暑さも和らぐ頃です
台風一過の今日は
朝こそ小雨が残っていたものの
お昼頃からはきれいな青空が広がりました
午後のグダリ沼の水面に青空が映って
色付き始めた水辺のナナカマド
水中のバイカモに陽射しがあたってきれいです
水面に漂う霞
水辺の小枝に止まるアキアカネ
もうすでに尾っぽは赤くなっています
台風が過ぎ去り
これまでの蒸し暑さはなくなり
すっきりとした空気に包まれた今日の山でした
暦通りに、秋の気配がする一日になりました
きょうのおまけ
午前中いっぱい店の裏で遊んでいたアオダイショウ
窓の下から体を上へと伸ばし
ついには窓越しに僕とご対面
じっと見つめ合ったあと
また地面へと戻って行きました
店のそばで暮らしているのでしょうが
一年に数回は
こうして店の側までやってきて遊んでいます
かわいいヤツです

2016年8月22日月曜日

風がやってくる

台風9号が北上している影響からか
今日もムシムシと暑い一日でした
昼頃からはどしゃ降りの雨になりました
雨で店から見える裏の林も霞むほどでした
ハウチワカエデの葉にも雨が打ちつけて
雨の止み間に店の裏を散歩
いつもの場所に水溜りができ
周りの木々をきれいに映しこんでいました
水溜りに小さなきのこ
雨が止んでいたのは一時で
夕方にかけてまた雨は強まりました

日中は雨だけでしたが
これから風もやってくるはず
店の周りを片付けて強い風に備えてきました

2016年8月21日日曜日

流れに咲く

先日の台風の大雨で
八甲田山中のあらゆる沢は激流となっていたようです
夏の終わりに沢筋に咲く花がどうなったのか
午後から出掛けてきました
今は穏やかになった井戸沢
大雨でずいぶんと水量が増えたらしく
沢肩の細い木はなぎ倒され
あちらこちらで根元の土も削り取られていました
もの凄い水のエネルギーです
そんな沢のほとりで咲いていたダイモンジソウ
水に浸かったであろうに
元気に勢いよく咲いていました
たいしたもんです
しばし流れを楽しんで店に戻ったのでした

朝、まだ雨が降る中、森歩きに出掛けた
Yoshikoちゃん、Tome、Katsubon、Sata
暑さと高い湿度の中合羽を着て出掛け
みんな汗だくになって帰ってきました
お昼ご飯を食べて、ミズ(ウワバミソウ)の皮をむき
ゆっくり遊んで行きました
流れの中で石にとどまる
シウリザクラの紅葉した葉
 
ダイモンジソウは毎年見に出掛ける花
「大雨で流されたかな」と少しだけ危惧しましたが
そんな心配などご無用とばかりに
きれいに咲いていました

2016年8月19日金曜日

森で静かに咲く

夏の終わりのこの時期
森の中の少し湿った林床に咲くトリカブト
今、森で静かに咲いています
淡い紫色が儚く目に映るトリカブトの花
「毒性がある」という
怖いイメージを持たれているトリカブト
森で人知れず咲く姿は健気に見えます
8月も下旬に差し掛かりながら
今日も蒸し暑く感じる一日でした
それでも花を見ながらの森歩きは
気持ち良く感じられました
 


2016年8月18日木曜日

秋色の田代湿原

昨日は台風の影響で午前を中心に
猛烈な雨が降っていました
普段は流れのない店の脇の川も
強烈な土の匂いを放ちながら流れるほどでした

明けて今日は
風も無く、穏やかな朝を迎えました
台風一過の青空が広がる中
田代湿原へと出掛けてきました
昨日の大雨で池塘はたっぷりの水を湛えています
色付き始めたスイレンの葉
爽やかな風を受け散策する人たち
今が花の盛りのサワギキョウ
ナガボノシロワレモコウにルリシジミチョウ
真っ白な花びらがきれいなウメバチソウ
 
陽射しはまだまだ強いながらも
吹く風や色付き始めた葉など
着実に秋に向かっている八甲田です


2016年8月16日火曜日

高原に秋の風

台風の影響からなのか
今日の山はムシムシする暑さの一日でした
とは言っても、青森は日も短くなり
朝晩はひところよりうんと過ごしやすくなりました
夕方近く、涼しい風が吹く高原をひと歩きです
高原から望む赤倉岳
山裾から雲が湧き上がっていました
高原に咲くキンミズヒキの花
アザミの花の蜜を吸うキマダラセセリ
エビガライチゴの実も真っ赤に熟していました
「んっ!?こっち見た?」
アキアカネの尾も少しばかり色付いて

お盆ももうすぐ終わりです
高原で咲く花や色付き始めた葉などを見て
「もう秋風だな」と感じた散歩でした

2016年8月15日月曜日

夏の森を歩く

今日も暑い一日になりました
昨日まで吹いていた涼しい風は止み
夏本来の暑さがぶり返したようでした
店が落ち着いた午後遅く、少しだけ森歩きです
フラフラと森の中を歩き
辿り着いたのはいつものブナの木
相変わらずの迫力です
幹が空洞になったブナの中から空を仰ぎ見る
真っ赤に色付いていたオオカメノキの実
緑濃い森で鮮やかな赤が目立ちます
太さや高さはなくとも年季を感じさせるブナ
 
「暑い夏でいいな」なんて思っていましたが
夏の森に真っ赤な実を見つけてみると
やはり季節は着実に秋に向かっているんですね
蒸した夏の森を歩いて、そう感じました