2017年3月29日水曜日

強風をついて

山頂駅付近は西寄りの風が強く吹いていました
雪面の雪は風で飛ばされ雪煙を上げています
そんな中、みんなで山に向かいました
空は薄曇りで少しだけセピア色でした
「さぁ、大岳ヒュッテ目指して登るよ!」
雪煙たなびく大岳の山裾
ひと滑りして見上げた高田大岳のピークは
もの凄い風が吹いているようでした
その高田大岳を見つめるTerakura氏
≪FALL LINE≫の編集を手掛ける彼
ツアーで箒場岱に滑り降りるのは初めてとのことで
今日の山を楽しんでくれていたようです
強風をついて出掛けた山は
なかなかに厳しいコンディションでした
冬と春が混在していた今日の山
毎日違うコンディションだから山は楽しいのです
 
薄暮の雛岳
明日から二日間、ガイドの仕事を休んで
いよいよ箒場の店の開店準備です
 

 

2017年3月28日火曜日

賑やかなツアー

3月ももう終わりに近づいていますが
八甲田ではまだ雪が続いています
山を覆った新雪はとても滑り易い雪でした
日本を代表するテレマーカー永島秀之氏
北海道のニセコでの活動を終え
毎年恒例の八甲田行です
「こりゃ、いい雪だわ」と、笑顔です
愛娘のAiちゃんとスキーを楽しむTerakura氏
Aiちゃんの高校受験を無事終え
二人で八甲田にやって来てくれました
ツアー初参加のAiちゃん
その姿を見るパパの細い眼が優しくて温かい
FULLMARKSのUru
春スキーのポール立て作業をお手伝いしに
2週続けての八甲田です
ずっと笑っていました
午後、束の間陽が射して

いずれも旧知の仲間たちです
もう午後のツアーはおじさんネタが炸裂
笑いが絶えない、賑やかなツアーになったのでした

 



2017年3月27日月曜日

月曜登山部冬ツアー

今日は月曜日
大方の理容美容関係に従事する人たちのお休みの日です
夏は休みの度に登山を楽しみ
冬はスキー、スノーボードを楽しむ仲間たちと
吹雪の山に出掛けてきました
雪をついて目指す斜面へ向け登るみんな
PLUS ONE WORKSのザックに凍った雪が
降りしきる雪は体やザックに降り積もっていきます
雪の中を滑り繋ぎ、ブナの森に到着
木々についた雪が花のようできれい
もうじき開店する箒場の前で笑顔の月曜登山部
厳しいコンディションではありましたが
夏冬山を楽しむみんなは
しっかりとした足取りで登り、滑ってきました
またこのメンバーで山に行きたいね

2017年3月26日日曜日

春の陽気に

3月最後の日曜日の今日は
朝から穏やかな一日になりました
雲間からのぞく陽射しは強く
みんな登りで汗をかいていました
登りも滑りも楽しんでいた今日のメンバー
白く輝く樹氷たち
辿り着いた井戸岳の火口越しに大岳を望む
斜面を軽快に滑るSekineさん
いつも笑いながら滑っています
気持ちのいい森を滑り降りたのでした

次々と八甲田山荘に帰って来るみんなの顔は
少し日焼けして赤くなっていました
春の陽気に
昨日までの寒さが嘘のように思える一日でした




2017年3月24日金曜日

再びの雪を

昨日から今日にかけて
八甲田は断続的に雪が降っていました
風雪は時折強く吹きつけ、冬に逆戻りしたようでした
冷え込みはさほどではありませんが
雪にガスと、冬のような景色です
斜面をひと滑りして次の斜面へアプローチ
いい雪が降ってます
スプレーを上げKudouちゃんが行く
午前のツアー中にのぞいた青空
3月も終盤となり暖かな日があったからか
コメツガの実が開いていました
ガスが流れて見えた森は
再び白く化粧したようでした
 
「いやぁ~、この時季にこんないい雪が滑れるなんて」と
参加者は一様に喜んでいたようでした
再びの雪を堪能した一日になりました
 

2017年3月21日火曜日

モノクローム

朝の山麓駅付近は穏やかに思えました
ところが、山頂付近は強風が吹きつけていたようで
ロープウェーは運休となりました
雨は夕方からとのこと
みんなで麓からの山登りに出掛けて来ました
登りながら振り返って見た南八甲田
お陽さまの位置は判るものの
行動中は高曇り
色のない今日の山で
赤い指導標が雪に隠れてわずかに見えます
いったい何年前に取り付けられたものなんだろう
これから登る小岳を望みながら
仙人岱ヒュッテで一休みです
ここでもヒュッテの赤い屋根と
僕らのウェアの色だけが目立ちます
終点に辿り着いて仰ぎ見る雛岳
しっかりと登って、たっぷりと滑ってきました

朝の運休で僕ら以外の人影もない山
モノクロームな雰囲気の山を静かに楽しんで来たのでした

2017年3月20日月曜日

春分の日

今日は祝日の「春分の日」です
三連休の最終日にあたる今日も八甲田は晴れ渡り
絶好のツアー日和になりました
きれいな青空と山々に降り注ぐ陽光
樹氷を縫うように山を登って行きます
楽しそうに歩くKurauti親子
娘のYukinoはシール登高初挑戦です
呑み込みが早く、すいすいと歩いていました
もちろん滑りもね
斜面でテレマークターンを決めるOsakabe Misuzu
八甲田山荘で勤務する彼女は
「山で上手く滑りたい」と
毎日のようにゲレンデで練習しています
練習の成果は出たのかな
この大斜面をみんなで楽しんだのでした
春分の日は
昼と夜の長さが一緒になりこれから春に向かう
彼岸の中日として祖先を想う
そして、自然を称えるという
たくさんの趣旨がある日なのだそうです
そんな一日は、八甲田で遊んだみんなにとって
とてもいい日になったに違いありません